知っているようで意外と知らない大安、仏滅。一般常識として知っておきたい六曜とは?その意味と注意点を紹介

私、信仰心の浅い壮年の神職でございます。

日本人の和の心のはじまり。神道の始まりと古の神観念

皆様が日常的に目にしているカレンダー。その中に大安、仏滅などが日ごとに決められております。

結婚式などの行事で気にする方も多いでしょう。

大安は縁起が良くて、仏滅は悪い、そのくらいは知っているよ。

それは六曜(ろくよう、りくよう)と言います。元々は中国で時間を区切る際に使われていたそうで、日本に伝わった当初も時間の吉凶を占う指標として使われておりました。

六曜の「曜」は星を表す漢字で、星はお金をイメージさせることから、賭け事のタイミングを決める際によく使われていました。

その後、明治時代の暦改正後、現在のような日の吉凶を占う指標として使われております。

信憑性

実は神道や仏教との関わりはございません。

占いの延長上のもので、あまり信憑性はなく、言ってしまえば迷信です。

なぜならば、六曜は色々な歴史を経て今の仕様になったからです。

しかし、信じることで意識や行動が変わることも事実。

勝負どきを見極める際のゲン担ぎ的な感じで軽く、そしてポジティブに付き合っていきたいですね。

六曜の読み方と意味

・先勝(せんしょう、さきかち)

先んずれば勝ち。という意味を持ち何事も先回りして行動することが良いとされており、午前中は吉です。

・友引き(ともびき)

元々は共に引き分ける日と言われていましたが、現在では凶事に友を引くという意味が一般的で、葬式や法事は避けるべき日と認識されております。

・先負(さきまけ、せんぷ)

先んずれば負ける。とされる日です。。勝負事を避けるべきで、万事に平静が良し。とされています。

・仏滅(ぶつめつ)

仏も滅する大凶日。とされており六曜の中では最も縁起の悪い日とされております。

一方で、別れるのには適した日とされており、お葬式などには適した日とされております。

・大安(たいあん)

大いに安しという意味を持ち、六曜の中で最も縁起が良い日とされております。

・赤口(しゃっこう)

全てが滅びる凶日とされており、火元や刃物など死を連想させるものに注意が必要です。

六曜の順番

基本的には先勝、共引き、先負け、仏滅、大安、赤口の順で回っておりますが時々大安が2日続くなど不規則な順番になっていることがあります。

その理由は、旧暦では毎月1日の六曜が次のように決まっているからです。

1/1と7/1:先勝

2/1と8/1:友引

3/1と9/1:先負

4/1と10/1:仏滅

5/1と11/1:大安

6/1と12/1:赤口

現代の暦で旧暦の1日に当たる日には六曜が強制リセットされます。

具体的に、現代の暦で2/13が旧暦の1/1だという例を考えてみますと、

現代の暦で2/12の六曜が先勝の場合、2/13は友引になるはずです。

ところが、2/13が旧暦の1/1に当たる場合は六曜が先勝に固定されるため、

「2/12:先勝」「2/13:先勝」「2/14:友引」という順になるわけです。

少しややこしいですね。ですがテストに出ることはないので覚える必要はないでしょう。

行事との関係性

前項でも申し上げました通り、六曜は信憑性がないので大安だから絶対に今日でなくてはならない、と重く捉える必要はないと思います。

しかし全員がそうではなく六曜を重んじている方がたくさんいらっしゃるというのも事実。

なので、そういった方に(この人は非常識だ)と思われないこと、また周りの方を否定しない事が大切だと個人的には思っております。

結婚式は大安に挙げる方が多いと思われます。お葬式は仏滅ですね。

これらは結婚式場や葬儀場の方がサポートしてくださいますので、間違えることはないでしょう。

個人で行うことは、注意が必要です。

例を挙げますと

大安におこなうと良いものとして

・入籍や家庭内でのお祝い事

・お見舞い

・契約事などが挙げられます。

そしてこれらは仏滅と赤口は避けた方が良いでしょう。

お見舞いに関しては友引きも(共に引き分ける)なので病気が長引くことを連想させることから、あまり良くない思いをさせてしまうこともあるかもしれないので、避けた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA